フィットネス ビギナーズノート

ウォーキングの消費カロリー


ダイエットを目的でウォーキングを行っている人にとっては
ウォーキングでどれだけカロリーを消費出来るのかというのは
とても気になるところでしょう。



ウォーキングの消費カロリー

ウォーキングは1分間を100歩のペースで歩くと約3.3kcal
消費されると言われています。
よって30分(3000歩)歩くと約100kcal消費できます。

もう少し細かく、体重別に消費カロリーを計算する方法で
METS法というのがあります。


METSとは運動などで消費したエネルギー量が安静時の消費
エネルギーの何倍に相当するか示すものです。
係数を使って運動強度を表しています。

運動別にエネルギー消費量をMETS数という係数にしたもので、
分速100メートル(時速6キロ)程のウォーキングのMETS数は
『4』です。

不動産などの広告で駅から何分という表示は分速80メートルで
記載されているので、分速100メートル(時速6キロ)というのは
それよりやや速いスピードです。

運動としてのウォーキングを考えると分速100メートル(時速6キロ)
というのは、ちょうど良いスピードだと思います。

これを以下の計算式に当てはめます。
体重(s)×METS数×運動時間(時間)=消費エネルギー(kcal)

例えば体重60キロの人が時速6キロのウォーキングを30分
行ったとすると
60(s)×4(METS)×0.5(時間)=120kcalを消費したことになります。

脂肪1sあたりのカロリーは約9000kcalです。
脂肪は約20%の水分を含んでいるので7200kcalほどエネルギーを
消費すれば脂肪を1s減らすことが出来ます。

体重60キロの人が時速6キロのウォーキングを1日30分行ったとする
例では1日で120kcal消費出来るので7200÷120=60日
歩くと脂肪を1kg減らすことが出来ることになります。
でもこれは単純計算で、その他いろいろな要因で数値は変動します
ので、あくまでも目安ということです。

どうでしょうか?思ったより消費カロリーが少なくて愕然として
いませんか?
こんなに苦労しても、それほど痩せないのか・・・と。
でも、見方を変えればそうとも限りません。


ウォーキングと他の有酸素運動との比較

ウォーキングはジョギングほど身体に負担はなく手軽に行えて、
少しずつだけれども確実にカロリーも消費します。

時速8キロのジョギングのMETS数は『8』です。
あなたは時速8キロのジョギングを15分続けるのと、時速6キロの
ウォーキングを30分続けるのとでは、どちらが感覚的にきついと
感じますか?

仮に体重が60キロだとすると消費カロリーは単純計算でどちらも
120kcalです。
これから運動を始めようと思っている人、体力にあまり自信が
ない人にはウォーキングの方が楽で長く続けられると思います。


また日常の生活を見直すだけでもウォーキングは出来ます。
少しだけの距離なら車やバスを使わずに歩く。エレベーターや
エスカレーターを使わずに階段を使うなど。

さあこれから運動をします・・・と意気込まなくてもウォーキングは
いつでも、どこでも十分出来るのです。
最も手軽に行える運動であるウォーキングさえもしなければ
その分カロリーは確実に蓄えられてしまいます。

確かにウォーキングはダイエットという意味では他の運動よりも
効果が大きいわけではありません。
でも長く継続出来るという点では、一番確実なのかも知れません。


またダイエットだけではなく、健康という大切なものを維持していく
上でも、ウォーキングは大きく貢献しているのです。


モチベーションの維持にも活躍
タニタ活動量計カロリズム
ウォーキングによる消費カロリーだけでなく1日のすべての活動に
対する総消費カロリーが分かります。

その他安静時代謝量、脂肪燃焼量なども分かるスグレモノです。
もちろん歩数や歩行距離などの歩数計の機能も備えています。

自分の健康管理を行う上で楽しく意識づけが出来、とても役に立つ
アイテムです。



関連ページ ・ウォーキングでダイエット
        ・ウォーキング・プログラム





ウォーキング

ジョギング

水泳

自転車

ダイエット

シェイプアップ

健康管理



 

 

1日1万歩                                                               ウォーキング・グッズ


ウォーキング メニューへ